広島市役所人事の見直し必要では 政経レポート広島


2018年8月12日発行 第3号


永くて5年。早い時は2年で配置換え

これでは人は育ちません

 

筆者、安佐北区役所副区長高森さんに役所内での経歴を尋ねたところ、議会事務局が一番長く8年、他の部署は2年程度で転々としているよう。

専門は何かと尋ねると「事務職です。」維持課職員の二時間程度の復旧作業で回復する交通マヒを、二十四時間以上掛けた不手際に対して、「反省をしているようです」まるで他人事の返事。

君は対策本部の責任者では。

僕は副本部長、区長が本部長です。

筆者が言わんとする事、何も理解しておらず、彼の資質もあるが、組織全体が甘い体制であることに気づかず、気付こうとしない。

市民の安全を守る為の市職員の職、しかも災害発生時の指揮官の職にある者が唐変木な回答。18年前呉市役所土木部長山本の「僕が部長の時、何でこんな地震が起きるんか」「運が無い事ですよ。」まったく、同義語を聞かされ、市職員の、本分を没却しており、十八年の歳月が流れても、地方自治職員のモラルの低さ、松井市長さん、考えて下さい。

抜本的に如何すれば改善されるか。

原因の一は、数年おきの配置転換。

百害あって一利なし。

「エキスパートが育ちません」「責任転嫁の温床になる。」「気概を喪失させます」あなたの経験から気付きませんか国の役人時代のキャリアで身に付いたものありますか。

ただ、「俗にいう箔が付いただけ」知識・知恵にはなっていないのでは。

市長に立候補するに経歴がものを言っただけ、人気投票で運よく一番になっただけです。

やくざ者の世界でも、神輿に乗っただけ。

しかし、歴史に残る大親分、清水の次郎長、子分の使い方今でも参考になるのでは。
個々子分の使い方が上手だったから、書物に残り今でも伝記になっているのでは。

 

 

職員の倫理観の自覚を

 

政治学、昭和の時代に生まれたようです、松下幸之助氏、商売の神様と称され、「水道哲学」なる字義を定着させた人です、彼の発明は、エジソン以上と筆者は尊敬します。

資金が出来るとPHPを創設。最後には松下政経塾と。

政経塾創設については、敗戦後、日本の政治屋の余りの堕落で品位も糞も無い出鱈目を嘆かれ、私財を投げ出したのではと筆者は思います。

しかし、政経塾卒業生の顔ぶれを見ると、単に、「箔が欲しい」、無思想者が多く見受けられます。

政治を志す者、政治に不可欠な要素は道徳ではないですか、筆者、何らの素養も無く、ただ直観力でものを云うだけです。

市長さんあなたは、人が好きで、命の大切さを知る人と思います。

首長の座。

地方自治に於いては市民と直結したサービスを滞りなく行うだけ、そのサービスは職員個々が担うものであり、その長として采配するのが市長さんの役目です。

その人事権、市長さんの専断特権。

この度の豪雨災害あなたは二度目の体験、あなたならお解りです。

・悲惨な豪雨災害なぜ起きるか。

・今回の災害で、不要な徒労。

・危機管理意識の希薄。

法は常識の集大成です。

法を組むに、日常生活におけるあらゆる事態を想定し法が制定されています。

人は平穏すぎると、とかく呆然とするものです。

気概は目的意識が必要であり、努力が生まれる。地方行政にトレンディーは不要。

人は褒められるとうれしい動物。

入社試験で上下を付ける、地方行政では不要。

良い仕事をしたら褒められる、それだけで良いのでは

 

 

お断り

 

本誌発刊は、指摘する職員を弾劾する意図はなく、公務所の本来の機能が正常に作動する啓蒙運動として、読者の皆さんに判断資料として手渡すものです。

氾濫するIT機器 スマホの利用についても、玩具然の利用。

歩行中にメールのやり取り。

ハンドル片手にメールの作成。

平穏な生活をなさる皆さんは日本は平和な国であると錯覚しているようです。

日本の国、決して平和な国では無いのでは、考えたことがありますか。

数年前から連発する地震被害。

今回の豪雨災害についても、数年前に八木地区で多数の被災者を出しており、今でも続く回復工事。

市民皆が好奇心を持ってください。

疑問を感じて下さい。

日本人は優れた知能を持つ民族。

世界に誇れる産業。

貿易によって確かに食糧事情は確保され、財政についても、外国から借金をせず、国民皆が貯蓄した郵貯・銀行預金・債権これらを迂回して国債に化かすから国の運営が続くだけ。

考えて下さい。

疑問を感じて下さい。

どうしたら、安心して暮らせるか。

安全な暮らしができるか。

 

 

時代考証で地方自治を解剖

 

昭和37年から県知事を務めた、永野巖雄氏、東京大学卒業、検事・弁護士の後前知事のスキャンダルで、知事に就任。

蒲刈町の寺のご子息であるが、家系は政治家を多く輩出。

東京タワー。

実は永野氏のオジサンである当時富士製鉄を牛耳る豪快な発想を持つ経済人が発起人で建設されたものです。

永野さん知事時代に島根県との併合を考える発想の持ち主。

広島県知事が島根県との合併。

当時の発想では奇想天外と捉える県議が多数であり、あえなく断念したが、当節の国の台所事情であれば、国は率先して手を挙げる大事業であり、彼のビジョン習いたいものです。

ところで永野知事を引き継いだ宮沢ひろし氏、時の総理経験者宮澤喜一の実弟、彼の業績秀でるものが有るでしょうか。

記憶にありますか。

お兄さんの喜一氏記憶にあるのは、日本の経済を根底からダメにしたバブルの張本人、経済通を吹聴する彼の一言で、日本の経済全てに鏨(たがね)が外れ、都内一区の地価でアメリカの土地全てが買えると錯覚させた張本人であり、筆者、恥ずかしくて都内に行くのをはばかった時期があります。

呉市政を長く観察した筆者。

物の無い復興時代に市長を務めた松本賢一氏、市庁舎建設でご苦労されたよう。

その後の市長さん、災害復旧で「市役所職員イチマル(一丸)になって、漢字が読めない市長さん。

その後を引き継いだ佐々木たもつ、「 」よりソフトの充実を公約に市長に就任。

蓋を開けて観ると箱物建設ラッシュで賄賂の備蓄。

最後のあがきで、市に大学設備一切を出費させ出来た大学、私学に寄付、ぬけぬけと学長に就任。

そのあとは記述したくないので小笠原。

その後は省きたいが、当誌が市長の座は二期が限界と報道を模写をして当選した市長。

三期目は当誌が呉市に存在しないと遠慮しながら三期を務める筆者、今広島市民、広島市を漠然と眺め、首長である松井さん、邪心が伺えないのです。

子供の観察力は鋭く、直感で感じます。「子供の目から気さくな人。ユーモアがあり人柄が気さく」筆者が遠望しても、茫洋とした風貌。喜怒哀楽が正直であるよう。

日頃から倹しく暮らす信条ある人は、多く望まず、毅然とした態度で臨むことが出来ます。
筆者が敬愛する一人が、呉市副市長時代に消防職員不正採用で逮捕された広田佐一。

裁判が終結、今なお、蟄居隠蔽、何一つ語らず弁明もしない、取り調べ当時捜査官に一言「副市長の権限で判を付きました」それが罪ですから甘受します。捜査官は小笠原逮捕で必死なんですが、どんな誘導にも屈せず、黙して語らず、大抵が他人に罪を擦り付ける時代。

彼は文学に造詣が深く、文学の士と讃えており、筆者、広田氏を分士(文学の侍)とあだ名で呼んでます。

 

 

誇りと使命感

 

ドイツでは煙突掃除の職人。

仕事に貴賎をつける日本と違い、弁護士などと肩を並べる重要な職業暖炉が無くては、暮らしができない、燃料は豊富な森林を適度に伐採、燃料とする国。

暖炉の良し悪しは煙突掃除の上手下手で左右され、煙突掃除職人にステータスが有るよう。

そのような背景で職人さん切磋琢磨で腕を磨く。

人とは他人から頼られると、良い仕事をしようと頑張るものです。

 

司馬遼太郎をご存知ですか

学校で習った教科書より、日本の史実を正確に描写した。

日本の歴史を学習する教科書です。

人は死ぬまで勉強が必要、ぜひ読んでください。

 

 

日本の政治、国民皆で見直す時期では

低俗議員の選出。他人事でなく、あなたでは

 

嘘・出鱈目で、被災者を欺罔

一票欲しさで、公文書の変造行為

 

本年7月6日ころから始まった、安佐北区口田南の土砂災害被災者を相手に、政治家河井、復旧に当たり、懸命に努力し役人を叱咤。

被害の実態、応急措置を陣頭指揮しています。

誤解しかねる変造した怪文書を、地元住民にバラまいているが、筆者が調査した結果、明らかに文書を加筆変造している事実が明らかであるので、読者の皆さんで判断。

司法の可罰権発動(告発)をする、法治国家日本では誰しも悪(犯罪)を知れば告発する権利があり、義務があります。

少しでも風通しの良い社会にしてください。

 

下図面、代議士である河井さんの事務所が被災関係者に配布した資料。

 

一見河井事務所の作成であると筆者も勘違いしたが、安佐北区役所に照会したところ国交省太田川河川事務所が作成したものを、パソコン操作で加筆。

いかにも河井事務所が汗をかきながら調査した資料です、一般市民を欺罔する資料。

当の河井さん現地調査をしているようですが、地元住民の皆さんに、被害を出した矢口川排水機場ポンプ、政治家河井が予算をつけ、完成させたものであり「身命を賭して」、原因を明らかにします。

言うのはタダ

 

下図面、太田川河川事務所が真正に作成した図面。

 

筆者だけが感じるだけでしょうか。

河井事務所が汗をかき、努力して復旧工事、陣頭指揮し地元の皆さんのお役に立っています。

幼稚な手口で、本紙に掲載すること自体、本紙が汚れるもの、しかし、投票する有権者、立候補者の資質を知らなければ無造作に投票。

衆議院議員。

立法府の一員、法案を審議法律を制定する機関であり、法の素養無く職務は全うできません。

刑法に抵触する行為を平然と行う。

皆さんで考えて下さい。

広島県民の恥さらしでは。

 

 

知事さん知恵を出して。住みよい県土にして下さい。

地震・雷(水害)・火事・おやじ(国)に

 

 

今から何年前でしょう。

東広島市役所の部長さんで出向した、県の建築部門のパイオニア、小西秀明さん。

彼は現場を見ることから解決策を見出す誠実な人柄筆者、政経レポートを配布するに、北館で出会った職員、小西さん覚えてますよ、「誠実な人でした」。

東広島市役所では、今幹部職を務める数人がかすかな記憶で覚えており、「僕は入所したばかりですが、覚えています」。

彼の人柄もさること、事を決めるに現場を確認。

その彼の仕事に対する誠実性。

皆が記憶するのは彼の姿を記憶している事実。

筆者、県庁内を観察するに、仕事のプロは沢山います。

呉市を始め各自治体、仕事を統括するプロが居ません。

土木部門・建築部門、どの市役所も手探り状態。
「県庁に聞いてみます」筆者、この様な無様三十年前から変わらず同じ事の繰り返しを見てきて、成長が見られません。

今回の災害を契機に、県で確かなマニュアルを作成。

危機管理室を母体として、市職員らを鍛えぬく機関を設置。

いつ訪れるか知れぬ、大地震・豪雨に対処する模擬訓練、総務省規範、職員の配置は災害に備え十分な人員の配置とされており、市役所職員、都合ツンボ宜しくは文盲者が多く居り、存在意義を完全に没却しています。
県が主導して行えば泣き泣きでも付いてきます。宜しく指導を。

それにしても、県道・国道の代替え高速道路(広島高速道路)、料金設定、どの市長の代で決めたのか、非常に高額と感じませんか。

筆者この道路を皮肉を込めて「ブルジョア道路」と呼んでいます。

サラリーマンの通勤には利用できず。

ゴルフで利用する車が多く、覆面パトカーの餌食になる高級車、とにかく異常な料金体系でお隣韓国の料金とは、五倍以上。

狂気です。

これら料金設定に用いた教科書「米・英・仏・独・イタリーの料金体系を参考にしており、知事さん、ぶらっとインチョンからソウル間の高速道路ドライブをしてみてください。

車線は片側3車線から4車線、追い越し車線は時間帯でバス専用。

日本人韓国を見下げてみる人、特にロートル議員視察と称して夜な夜な女買いをする議員。

高速道路を利用する車中では居眠りしていて、気づく人はいないようです。

特別職のあなた達市長さんとラフな装いで、国際免許は即日交付が可能です。

ナビも日本語音声で装備されており、ネットで買えば、広島~インチョン間5000円台が有りますよ。
日露戦争開戦前に外交官の杉原さん、戦費調達でロシアと敵対する国々から借金をしています。

今、韓国の財閥、日本に関心を持つ企業多くあるようです。

広島市長さんとタッグを組んで、韓国財閥にアタックするのも一つの手立てと思いますが。

ですが、止めましょう。

レート問題で知事さんあなたのグローバル教育、大いに賛成。

二十年前の創設であったら息子を行かせていた可能性有り、実はインターナショナルスクールに入学させた動機は今の日本の教育システムに疑念を持っており、子供の才能を潰される危惧からです。

あなたは経験者だから実感しています。

されど立場上言えないことも有るでしょうから、筆者の戯言として、教育長はじめ関係者に、「政経レポートで指摘されていますよ」熱血先生の不在。

子供の向学心を損ねています。

犯人は教育委員会、大多数の教員、子供の顔が三割・委員会に七割が向いており、先生の勤務時間の多くを不要な書類の作成など学業を統治する官僚の恣意的思い付き教育で振り回されている事実。

薄っぺら教科書では、学問は習得不可。

現場の先生が選択した副教材を駆使、子供の興味を引くから向学心が芽生える。

高校については、全ての学生が東大生になれば、日本の経済破綻します。

子供の資質に合った教育指針。

特に日本のおかれた立場。

日本人の技能、世界の最高峰。

工業学校確かにあるが、細分化した教育。

職人を育てる教育。

人材を育てる、県政の使命と考えて下さい。

 

 

職員勤勉度・資質ランキング

 

この欄は筆者が直感的に感じ取った職員の評価を掲載することで、地方公務員法で怠け職員を懲戒できない制度に代わり、その実態を皆さんに評価していただく趣旨です。
筆者不誠実を実感するに

 

今号までに批判される者には出会っていません。
しかし、安芸区役所に派遣されていた、他区役所の職員。

スリムな体つきですが、返事はまろやか、立ったまま腕を差しだすと腕相撲、握力あり、腰つきも十分鍛えており、部活は何を。
今の若者です。

「サッカーです。」このような若者に役所を担ってもらえる。
広島市役所大丈夫。太鼓判です。

 


コメント:1件 広島市役所人事の見直し必要では

  1. 匿名  コメント

    要件もろくに聞かず、いきなり電話切られました。
    非常に気分悪く、どこが安心できるんですか?

    安佐北区役所のヒノヤマって言う奴!
    クビにしろ!
    どんな教育してるんですか?
    適当に電話切れと教育してるんですか?

    ヒノヤマ何とかしろ!謝りに来させ‼︎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。